初めに

HomeBrewの使い方に関して、前に関連の記事を書きました。
Macのパッケージ管理ツール - brew

でも、ソフトウェア(VirtualBoxなど)をインストールする時、Download->Installの手順でした。ちょっと面倒だと思います。特に、更新する時、手間が掛かり過ぎます。

brewのcask機能を使って便利だと感じました。徐々にCaskへ移行しようと思います。備考として、整理します。

Caskのインストール

前提条件

Homebrewのversionが0.9.5以上である。

$ brew --version
Homebrew 2.0.5
Homebrew/homebrew-core (git revision 9ae4f; last commit 2019-03-20)
Homebrew/homebrew-cask (git revision 2bc7a; last commit 2019-03-21)

caskのインストール

前提条件が満たす場合、すでに使えるはずです。

補完機能のインストール

検証しなかったが。。。

$ brew install brew-cask-completion
==> Downloading https://github.com/xyb/homebrew-cask-completion/archive/v2.1.tar.gz
==> Downloading from https://codeload.github.com/xyb/homebrew-cask-completion/tar.gz/v2.1
######################################################################## 100.0%
🍺  /usr/local/Cellar/brew-cask-completion/2.1_1: 5 files, 11.0KB, built in 5 seconds

Caskのサブコマンド一覧

No. コマンド 説明
1 info Caskの情報を取得
2 list インストールしたCask一覧を取得
3 fetch Caskをダウンロード
4 doctor 配置のイシューをチェック
5 cleanup ダウンロードのキャッシュをクリンアップ
6 home Caskのホームページを取得
7 zap Caskの関連ファイルを削除してみる
8 outdated アウトデータしたCaskの一覧を取得
9 upgrade 全部Caskを更新

公式以外のリポジトリ(tap)

brew tapは、追跡、更新、およびインストールに使用する式のリストにリポジトリを追加します。

サードパーティ製のアプリをインストールする時、非常に有用だと思う。

Tabコマンドの説明

  1. パラメーターなし

     # List all installed taps
     $ brew tap
     caskroom/versions
     homebrew/cask
     homebrew/core
    
  2. tap名付き

     # taps a formula repository
     $ brew tap <tap_name>
    

俺の使用

# sublime
brew tap caskroom/homebrew-versions
brew cask install sublime-text3

# Visual Studio Code
brew cask install visual-studio-code

# Oracle VM VirtualBox
brew cask install virtualbox

# Vagrant by HashiCorp
brew cask install vagrant

# iTerm2
brew cask install iterm2

# Docker
brew cask install docker

# openjdk
brew cask install java

参照

  1. How to Use Homebrew Cask
  2. Taps (third-party repositories)